本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援サイト
資料請求
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

新着情報

投稿カテゴリー プレスリリース

DNAが傷ついたときに起こる新しい免疫応答の仕組みを解明 ~これまで謎に包まれていたDNA損傷後のHLA Class I提示機構が明らかに~

[CATEGORY] プレスリリース, 受賞?成果等, 報道発表, 新着情報
群馬大学未来先端研究機構、内分泌代謝?シグナル学研究部門の柴田淳史准教授(責任著者)と内原脩貴博士研究員(筆頭著者)、九州大学大学院医学研究院応用幹細胞医科学部門?堅田明子助教、九州大学アイソトープ統合安全管理センター? …

「グローカル?ハタラクラスぐんま」プロジェクト(文部科学省認定「グローカル?リーダーシップ?プログラム」) GHKGキャリア開発セミナー開催のお知らせ

[CATEGORY] イベント, プレスリリース, 報道発表, 新着情報 [tag]
「グローカル?ハタラクラスぐんま(GHKG)」プロジェクトでは、群馬、全国、そして、世界を舞台に活躍する「グローカル人財」の育成に取り組んでいます。GHKGといえば、これまでは、外国人留学生の就職支援が中心的な取り組みと …

(大学院社会情報学研究科)?大学院説明会及び社会情報学プチセミナーの実施について

[CATEGORY] イベント, プレスリリース, 報道発表, 新着情報
社会人や他大学の学生の皆様も含めて、群馬大学大学院社会情報学研究科を広く知っていただくため、社会人等が利用しやすい学外の施設を利用して入試説明会を実施します。また、社会情報学について具体的にイメージしていただける模擬授業 …

群馬大学の技術職員が受賞~澳博体育app4年度科学技術分野の文部科学大臣表彰決定~

[CATEGORY] イベント, プレスリリース, 新着情報
群馬大学(群馬県前橋市)の技術職員 平野ひらの?瞳子とうこ が、このたび澳博体育app4年度の科学技術分野の文部科学大臣表彰研究支援賞を受賞しました。 澳博体育app4年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰?研究支援賞について 研究支援賞は、 …

自動運転時における試験運転者の負荷計測と軽減手法に関する共同研究を実施します

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表, 新着情報, 研究?産学連携
群馬大学は、株式会社オートテクニックジャパンと共同研究契約を締結し、生体計測技術を応用した自動運転時における試験運転者の作業中の負荷を定量的に評価する技術の研究を実施いたします。 詳細についてはプレスリリースをご覧くださ …

GHKGキャリア開発セミナー開講 目指せ!グローカル人財 ーGHKGコンソーシアム関係者とのSDGs対話を手がかりに拓くキャリアビジョン ー

[CATEGORY] イベント, プレスリリース, 報道発表, 新着情報
「グローカル?ハタラクラスぐんま(GHKG)」プロジェクトでは、群馬(=地方)を拠点に、全国、そして、世界を舞台に活躍する「グローカル人財」になりたいと考える学生と、実際に、「グローカル人財」として活躍されている企業経営 …

上毛かるた?郷土かるたの歴史や活用法を動画で紹介! ー群馬大学 澳博体育app3年度地域貢献事業ー

[CATEGORY] イベント, プレスリリース, 報道発表, 新着情報
総合情報メディアセンター中央図書館が公開した「郷土かるたコレクションデジタルアーカイブ」の更なる活用を目的として、郷土かるたの歴史や作り方、群馬県や全国の郷土かるたを紹介する4本の動画(郷土かるたの世界1~4)を制作し、 …

重度の食中毒を起こす腸管出血性大腸菌O157の無毒化に成功 ~腸管出血性大腸菌感染症の予防?治療法の発展に向けて~

[CATEGORY] プレスリリース, 新着情報
本学大学院医学系研究科細菌学講座の平川秀忠准教授らの研究グループは、同医学系研究科生体防御学講座の神谷亘教授、鈴江一友講師と株式会社クレハとの共同研究により、腸管出血性大腸菌O157の無毒化に成功しましたので、お知らせし …

習慣的な軽い運動が共感性の向上に有効?-BDNFの関与とその調節機構の一端を解明-

[CATEGORY] プレスリリース, メディア情報, 新着情報
群馬大学澳博体育appの島孟留講師、同大学未来先端研究機構の川端麗香講師らの研究グループは、健康なマウスを用いて、4週間の低強度運動が共感性を向上させること、加えて、マウスの島皮質においてBdnf(注1)のmRNA(注2) …

高濃度のATPがタンパク質の異常な凝集を防ぐ ―細胞内ATPの新たな役割を発見、神経変性疾患の発症に関与する可能性―

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表, 新着情報
群馬大学(群馬県前橋市)未来先端研究機構の高稲正勝助教は京都大学 今村博臣准教授、早稲田大学 吉田知史教授との共同研究により、高濃度のアデノシン三リン酸(ATP)は、細胞内タンパク質が毒性のある異常な凝集体へと変化するの …
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です